「ハリーポッター」を例にして

ここでは主にハリー・ポッターを例に挙げて紹介していこう。
この本は大人気で、英語で読んでみたいと考えている人も多いだろうし、比較的読みやすい本だと思う。
それに、私自身もお気に入りで実例を挙げやすいというのも例に挙げる理由だ。

単語の難しさ 「生活や魔法の名詞」

英語で読書をしようと思ったときに、まずつまずくのが単語の難しさだね。

ハリー・ポッターの場合、生活関連の単語や魔法関係の名詞には結構苦しめられる。
ネイティブには簡単なんだろうけど、外国人にはちょっとね。

ちょっと具体例を挙げてみよう。

単語
意味
・cauldron 大釜(がま)
・corridor 廊下, 通廊
・marble 大理石
・trapdoor 落し戸
・mantelpiece 暖炉棚
・wand 魔法の杖
・enchantment 魔法
・bespectacled めがねをかけた
・scar 傷跡
・dungeon 地下牢
・witch 魔女
・cupdoard 戸棚
・compartment (列車の)仕切り客室

見たことがない単語も多いのではないだろうか。
でも、ここで上げた単語はハリー・ポッターの中で繰り返し登場する単語である。

おすすめWEBサイト 5選

錦糸町の脱毛サロンはこちら